So-net無料ブログ作成

『Heart Songs』 by Weezer [Music]

Weezer・・・・出すアルバム出すアルバム、最近は酷評される彼らですが
MinMinにとっては生活の一部なバンドです。

彼らのそれこそ評判が良いとは言えないアルバムの中に大好きな曲があります。
その名も『Heart Songs』


リヴァース(Vo)が音楽好きとして愛してきたたくさんの名曲-Heart Songs。
ジャンヌは多岐に渡りますがそれは彼が歌い続けて来た大切なものです。
それらを聞いているだけでは飽き足らず、ついにWeezerとしてデビューし、
ラジオから聞こえてくる自分の曲を人々が聴いて今は『この曲が自分のHeart Songだ』と
愛してくれる。

スケールは大きいけど、こんなシンプルな内容の曲です。
ただ、デビュー当時から見守っている立場としては聞くたびに涙が溢れそうになってしまうんです。
「そう!あなた達が作る曲は今も昔もこれからも大切なMy Heart Songです」って。

先日発売されたNew Albumもあまり評価はよろしくないみたいですが、
入手次第(Amazonからも到着待ち♪)自分の耳と心で聞きたいと思います。
新しいHeart Songに出会えますように・・・・[ハートたち(複数ハート)]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『Maladroit』 by Weezer [Music]


マラドロワ

マラドロワ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2002/05/11
  • メディア: CD



Fesの印象が強くて、あれ以来ズーッとWeezer。
そんな彼らの4thアルバムがこちらです。

・・・・・今までリリースされた6枚のアルバムの中で一番の駄作と言われている作品。
うぅぅん。確かに勢いで作っちゃった感じが否めないのもたしか。
彼らにしてはちょっとロックロックしすぎているというか。
良く言えば「力強くなった」とも表現できるし、悪く言えば「ありきたり」な音作りに
なっちゃったとも思えるんですよね。

でもね、MinMinはやっぱり思い入れがあるからなのかどうも嫌いになれないアルバムなんです。
大好きな曲は『Keep Fishin’』という作品。
とぉっても可愛らしいサウンドに、ややビターにも感じられる歌詞。
これぞWeezer。

ご興味のある方は是非PV観てみてくださいね♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『Weezer (Green Album)』 by Weezer [Music]


Weezer (Green Album)

Weezer (Green Album)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Geffen
  • 発売日: 2001/05/15
  • メディア: CD



なんでこんなにWeezerについてばかり書いているか?
そう!!それはもうすぐ来日ライブに行くからです☆
パンパカパ~ン♪
久々に凄く楽しみです☆

で、本日は彼らの3枚目のアルバムをご紹介。
こちらも本当に素晴らしい。何度聞いても苦笑いと切なさが胸にこみ上げてきます。

特にこの曲。
『Island In The Sun』は大のお気に入りです。


太陽が降り注ぐアイランドでのヴァケーション。
そんなご機嫌なはずの題材もWeezerにかかればこんなセンチメンタルな作品に仕上がります。

聞けば聞くほどコンサートが楽しみになってきた。
待ち遠しいな♪

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『Pinkerton』 by Weezer [Music]


Pinkerton

Pinkerton

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Japan
  • 発売日: 1996/09/24
  • メディア: CD



昨日ご紹介したWeezerの2ndです。
ん~最高♪
前作よりも歌詞のセンスが抜群に光っている気がする作品です。
作詞者(Vo&G:リヴァース君)の駄目人間っぷりが歌詞に物凄く色濃く現れていて
その旨い表現ゆえか、聞いていると「その駄目な部分」=「自分」って気持ちになって
心に切なく迫ってきます。

MinMinが一番大好きな曲はなんといっても『Pink Triangle』です。
泣き笑いですよ、こうなると。だって歌詞が・・・・・
♪ I'm dumb she's a lesbian    
I thought I had found the one    
We were good as married in my mind    
But married in my mind's no good    
A Pink Triangle on her sleeve    
Let me know the truth, let me know the truth

 僕はドジだよな。だって彼女はレズビアンなんだもん。
 自分にピッタリの人だと思ってたんだ
 結婚しても良いって思ってたのに
 僕だけそのつもりになってもしょうがないけど・・・
 彼女の袖口にあるピンクのトライアングルで
 僕は真実を知らされたんだ・・・あれで知らされたんだよ♪


最初に聞いたときは噴出してしまいました。
で・・・その後切なくてホロリとさせられました。
本当にこういう経験をしたアメリカ人の友達が居るのですが、
自分が大好きな人にいかんともし難い理由で愛を返して貰えない状況ってかなり切ない。
本作ではレズビアンって言葉を使うことでなんだかおトボケな空気を出しているけど
誰にでも起こりうる切なくて悲しくて悶々とする状況。
かなり胸キュン。

他の曲も本当に質の良いロックに仕上がっています。
今日はYouTubeからアコースティックライブをどうぞ!

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『Weezer (Blue Album)』 by Weezer [Music]


Weezer (Blue Album)

Weezer (Blue Album)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Geffen
  • 発売日: 2004/03/23
  • メディア: CD



One of my best Bands!
大好きなバンド、Weezer(ウィーザー)の1stアルバムです。
MinMinがアメリカに住んでいた時にデビューを飾った彼ら。
歌詞のセンス。メロディーのセンス。
どれを取っても最高です。
そしてMinMinの青春そのものなのさっ!

どの曲もMinMinにとっては思い出が一杯詰まった大事な曲なのですが、
このアルバムで特に好きなのは『Say It Ain’t So』&『In the Garage』の2曲。

『Say It Ain’t~』は聞いていてちょっとキツイ気持ちになります。
溺れてしまいそうな当時のアメリカの若者の気持ちが感じられて・・・・。
Problemに絡め取られて、沈み込んでしまった自分に対する憤りや
クリーンになりたいのになれない事に対するジレンマが自らの事みたいに感じられます。

『In the Garage』もハッピーなサウンドの中に切なさが溢れています。
 ♪ガレージの中は安全な気持ちになるよ
  誰も僕のやり方に構わないんだ
  ガレージの中が僕の居場所
  僕がこんな歌、歌ってるのは誰にも聞こえないんだ
  ガレージの中なら♪
って感じで自分の価値観に少し引きこもった感情が歌われています。
アメリカって自由の国って言われたりするけど、日本人が思うほど甘くなくって。
逆に日本人と同じように「他人とあわせなきゃ」って気持ちに縛られて苦しんでる人も
沢山居るんですよね。そんな部分が鋭く描かれていてこれも聞いていて胸にグッと来ます。

ご興味がある方はチェックしてみてください。
『In the Garage』の可愛らしい作品を発見しましたので、どうぞ!
キュンと来るよ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『僕と君の全てをロックンロールと呼べ』 by サンボマスター [Music]

僕と君の全てをロックンロールと呼べ

僕と君の全てをロックンロールと呼べ

  • アーティスト: サンボマスター, 山口隆
  • 出版社/メーカー: ソニーレコード
  • 発売日: 2006/04/12
  • メディア: CD

今更だけど、大好きなアルバム♪
演奏は荒っぽいけど、根底には切ない音が響いているし
歌詞にもとても元気付けられる作品です。

MinMinはメンバーのバックグラウンドなど詳しい事は知らないのだけれど
聞いているうちに、自分を直接応援してくれているように感じられる。
そんな魅力に溢れたアルバムだと思います。

「この歳で青い事言うのはどうも・・・」なんて自分に勝手にハードルを設けちゃったり
なかなか大人になるのはシンプルには行かない気がします。
でもこの作品を聞いていると、なんとなく「青くても良いじゃん」って気持ちになります。

青くて、力強くて、優しくて、そして少し照れくさい。
自分自身の「バックグラウンド」や「今」から目を逸らすなって言われてるみたいで
聴き流す事なんて到底無理です!
「ここに居るよ」感がアルバムから溢れてきて圧倒されます。

凹んだり、元気が欲しい時にMinMinは必ず聴いちゃう1枚です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1』 by 勝手に観光協会 [Music]

随分前に『勝手に観光協会』というDVD作品の紹介をこのブログで書いた事があります。

そもそもこの『勝手に~』は、みうらじゅんさんと安齋肇画伯が各県を巡り、
郷土ラブを促進するという物なのですが、この度全県制覇されたとの事で
勝手に作ったご当地ソング集がCD発売されました。

勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1

勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1

  • アーティスト: 勝手に観光協会
  • 出版社/メーカー: LD&K
  • 発売日: 2008/02/06
  • メディア: CD

この作品以前にも2枚CDは発売されていますが、そちらはスタジオ録音がメイン。
今回の作品は旅館録音(通称:リョカロク)集になっています。

もともと安齋先生が大好きなMinMinにとってはこのアルバム、もう宝物です。
みうらさんが作る楽曲はとてもキャッチーで覚えやすく、魅力的♪
思わず口ずさんでしまうことが結構あります。
安齋先生のオカリナは・・・・・ははは。
でも、その下手っぴさも含めて、そこから各県に対しての愛情が感じられて
とても良い味出してます。

大体こんな感じのスタイルです。
好き嫌いがあると思うのであえてオススメはしませんが、MinMinは・・・・大好き♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『IGNITION』 by Brian Setzer ’68 Comeback Special [Music]

中学生の頃からStray Catsが来日すると必ずライブはチェック!
少ないお小遣いをはたいてパンフレットを買ったり、せっかくのライブだからと
ロカビリーっぽい服装を楽しんだりしていました。

最近ではStray Catsの活動よりVo.のBrianの別バンドの活動が目につきますが
それはそれでどこを切っても格好が良いので大好き♪
特にこのアルバムは本当にノリノリなのでオススメなのです。

IGNITION

IGNITION

  • アーティスト: ブライアン・セッツァー’68・カムバック・スペシャル, ブライアン・セッツァー, ハーマン・パーカー・Jr., マーク・W.ウィンチェスター, ジョー・ストラマー, サム・フィリップス, ジム・マクドネル, マイク・ヒメルスタイン
  • 出版社/メーカー: トイズファクトリー
  • 発売日: 2001/06/21
  • メディア: CD

Brianのギターって刻んだり、ニュアンスを持たせたりのメリハリがとてもCoolです。
歌いながらあんなに演奏できるなんて素敵♪
主旋律は比較的シンプルなのですが、カントリーやらビバップやらの要素が
絡んできて、聞いているうちに自然に体が動きます。
料理しながら聞くことが多いのですが、オタマ片手に歌えや踊れ状態。

そしてあの声!
そんなに渋くガナられたら・・・・目はハート♪
「イメージ湧かないよ!」って方はちょっと前のペプシのCMソングを思い出してみてね。
そう。あの「Ichiro! No.51♪」ってヤツ。
あれがBrianの声です。
渋い反面甘さも残す声質は本当にロカビリーのために生まれて来たって感じで素敵です。

興味がある方は是非是非こちらのYou Tubeでチェックしてみてください。
Brian、最近ちょっと太り気味ですが・・・・それでもノリノリです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『I Ain’t Movin’』 by Des’ree [Music]

アイ・エイント・ムーヴィン

アイ・エイント・ムーヴィン

  • アーティスト: デズリー
  • 出版社/メーカー: エピックレコードジャパン
  • 発売日: 1994/06/22
  • メディア: CD

このアルバム、聞いていてとても落ち着く。
芯のしっかりした女性の美しさみたいなものがジンワリ伝わってきます。

もしかしたら『You Gotta Be』っていう曲は有名だから皆さんも耳にされた事が
あるかもしれません。
Minも大好きで、自分の結婚式でBGMとして使いました。

You gotta be bad   
You gotta be bold    
You gotta be wiser    
 (格好良く、勇敢で、今よりもっと利口にならなくちゃ)

You gotta be hard   
You gotta be tough   
You gotta be stronger 
 (激しく、タフで、今よりもっと強くならなくちゃ)

You gotta be cool, You gotta be calm, you gotta stay together
All I know, all I know, love will save the day
 (クールで冷静でなくちゃいけない。
    分かっている事は「愛が全てを救ってくれる」っていう事。)

適当に訳したのでニュアンスが通じるかどうか心配ですが、
Minはこの歌詞に何度元気付けられたか分かりません。

家族や友達と喧嘩した時、仕事が上手く行かない時、
そして彼氏(独身の頃はね)と別れたりモメ事が起こった時。
自分の能力や強さ、愛情が試されたり、する場面で必ず聞いてきた1曲です。
だってこの歌詞ってMinの理想の女性像。
歌詞を含めて1曲の音楽が背中を押してくれる。
そんなイメージです♪

他の曲も力作揃い。
特別派手派手しい曲はないのですが、落ち着いて一人でコーヒーとか飲みながら
自分と向き合うのにピッタリな素敵な曲ばかりです。

今日は特にブルーでも喧嘩してるわけでもないけれど、ブランチの後の
マッタリタイムにポポタンと聞いてみようっと。
きっと静かで温かい気持ちになれそうです。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『Henry Lee Summer』 by Henry Lee Summer [Music]

Henry Lee Summer

Henry Lee Summer

  • アーティスト: Henry Lee Summer
  • 出版社/メーカー: Epic
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD

明るくって『これぞアメリカ』って感じのアルバム。
Minがまだ日本で高校生をしていた頃の1枚です。
もうアメリカの大学に行くことを決めていて、一番アメリカらしいロックを好んで
聞いていた時代、1990年の作品なのですが今でも大好き♪

元々はバスケットボールの選手だったとの噂も聞きますが、ボールをギターに持ち替えて
彗星のごとくPop界に現れました。
で、ヒットをこのアルバムから飛ばすのですが、その後は鳴かず飛ばず・・・・。
でも良いの!とっても楽しい気持ちになれるんだもん!

まずMinは彼の声が好き。シャガレてて、勢いがあって♪
なーんかこの人、裏表がない良い奴なんだろうなって思わせてくれる素敵な歌声。
サウンド的にはジョンクーガーが底抜けに明るくなった感じ。
王道一直線な上パワフルで、呆れるくらいに直球。

I Wish I Had a Girlという曲のプロモーションビデオも「ありがち」だけど
何故か印象に残って、本人が何より楽しそうにモテナイ駄目男を演じているのも良かったな☆
You Tubeにあったのを貼り付けてみますので、気になる方はどうぞ!
http://jp.youtube.com/watch?v=rezwyQvigWs

個性的ではないけれど、ウキウキして一日良い気分で過ごせるアメリカンロック。
ご興味のある方は是非聞いてみてください!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。